家

不動産投資信託で安心の資産運用を|分散投資が魅力です

不動産経営をサポート

女性

マンションやアパートの経営は上手くいっていますか。不動産経営は難しいことがたくさんありますよね。入居者の確保や家賃収集、生活環境を良くするための施設管理など、個人で行なうには負担がかなり大きなものであると考えることができます。不動産経営を行なっている施設を複数持っているときや、年齢を重ねて体の自由がきかなくなってきたときなどは、特にこのことを感じるでしょう。不動産経営を行なっている人が抱える負担を軽減する方法として、サブリースをあげることができます。サブリースとは、不動産業者による施設の一括借り上げ、家賃保証制度のことをいいます。このサブリース契約を不動産業者と行なうことにより、貸主は満室賃料の80パーセントから90パーセントの収入を保証されます。つまり、空室リスクを抑えることができるのです。安定した収入を望む人にとっては、とてもお得な仕組みであるといえるでしょう。また、施設管理も不動産業者に業務を委託することができるので、今まで負担になっていたことから解放されることができます。このように、サブリースの大きな特徴は、安定した不動産経営が期待できること、不動産経営に付随する手間を削減することができることの2点をあげることができます。

サブリース契約を結ぶ際には、その契約内容をしっかりと確認して、その内容が自身に合ったものであるかを検討することが大切です。契約内容を確認することを怠ったために、思っていたサービスと違った内容に不満を感じる人がいるのも事実です。そうしたことが起こってしまわないように、不動産業者としっかりと検討を重ねて判断するようにしましょう。