学校での講演会をするために|講師探しは紹介サイトを利用すべし

観客

役に立つポイント

講師を紹介するとき(される時)のポイントは、講演会の趣旨と講師の考えが合致していること、謝金の合意が取れること、参加者の年齢層や客層にあった講師であることなどがあげられます。こうしたところを踏まえて紹介をする(される)ことを意識しておくと役に立つでしょう。

講義

あらゆるジャンルがある

イベントに講師を呼びたいという人に支持されているのが講師の紹介サイトです。紹介サイトでは様々なジャンルの講師を取り扱っています。中には有名芸能人等テレビでよく見る人もいます。相談は無料でできるので、まずは気軽に問い合わせをしましょう。

女性

まさかのあの人に依頼

講演会の講師は専門の仲介会社などに紹介してもらうとスムーズです。結構有名な講師が勢ぞろいしており、条件面が折り合えばブッキングも可能になります。またジャンルも幅広いので、イベントや講演会のテーマに沿った方も選べます。

男性と女性

講演会の企画

自治体で企画する講演会は、テーマや対象とする聴衆の違いで、その方向性も異なるものになります。それらを調査し、講演者の人選を行うには、講師派遣サイトが頼りになる存在となります。同サイトでは、講師の紹介以外にも、講演会の企画や運営、調査の方法についても相談できます。

男性

オファーを出したい時

講師を招いて講演がしたくても、先方のスケジュールが空いているかどうかは分かりません。派遣業者を使えば特定の日時に予約がとれる人を複数紹介してくれるため便利です。スタッフと打ち合わせをする際に講演の目的や客層を伝えましょう。

講演会の裏技の知恵

女の人

パンフの充実は重要

小中学校で講演会を開催する場合、どのような人を講師として招くかが課題となります。講師派遣サイトなどを利用すれば、申し分ない人材が用意できますが、問題はその予算です。派遣サイトを利用すれば、最低でも数十万円の費用が掛かります。一方、学校主催の講演会となると、予算は10万円程が限度です。そのため、人選は伝手を頼るか、身近にいる人物に限られてしまいます。ただ、そんな場合でも、講演会を魅力的なものに仕上げることはできます。そのためには、事前のパンフレットを充実させる必要があります。講師の知名度が今一つという場合、当人の紹介をしっかり盛り込んでおくことです。講師のプロフィールや経歴だけでなく、具体的にどのような活動をしているかも詳しく紹介しておくと良いでしょう。そして、講演内容についても、大まかな紹介を載せておくことで集客率も違ってきます。紹介文を読んで、講師が魅力的と感じられれば、多くの来場者が見込めます。そのようにして、講演会が成功すれば、次の講演会に繋げることができます。安価な費用で講演会を成功させている裏には、このような努力もあるのです。また、もう一つの裏技として、謝礼不要という有名人を承知する方法があります。講演を主な仕事とはしていない有名人の場合、講師料が無料、または相場の2、3割の金額で講演を承諾してくれる場合があります。このような情報を利用することも、講演会を実りあるものに繋げてくれます。